このガイドをダウンロード 点図マップを注文
ナビレク・バリアフリーマップは、人が地図等を確認し経路・案内文をひとつひとつ作成しています。
そのため、施設の入口・出口の細かな説明や交差点・横断歩道の説明など、安心して歩くための情報が揃っています。
このマップを専用ナビアプリ「ナビレク」 で開くと、現在地に応じた音声と振動によるナビゲーションを受けられます。
ガイドデータの利用方法

JR相模原駅南口、バスロータリー、降車専用バス停から、南口入口までの、およそ100メートルの案内です。

目的地まで、点字ブロックがあります。

バスロータリーが、デッキに覆われているため、GPS精度が低くなる恐れがあります。

そのため、ガイド開始位置は、2階デッキのエレベーターおりぐちです。

1階のバス停から、エレベーター乗り口までは、このあとの付録説明で案内します。

なお、このガイドは、JR横浜線の、相模原駅のものです。

全く別のところに、小田急線の、小田急相模原駅という名前の駅があります。

混同しないよう、注意してください。



このあとの付録説明は、ひとつめ、ガイドの概略、ふたつめ、バス停とエレベーターの説明、みっつめ、9番、よっつめ、10番、いつつめ、11番、それぞれのバス停から、エレベーターまでの案内、むっつめ、相模原市、バリアフリーマップの紹介、です。



ひとつめ、ガイドの概略です。

はじめに、バスを背に、右方向にあるエレベーターで、2階デッキへのぼります。

続いて、デッキ広場を、時計回りに進むと、正面が目的地です。



ふたつめ、バス停とエレベーターの説明です。

降車専用バス停は、横一列に、みっつ、並んでいます。

バスを背に、右から、9番、10番、11番、です。

バスが、どこに到着するか、わかりません。

おりる時、運転手に、確認するとよいでしょう。

エレベーターは、バスを背に、右方向にあります。

停止階は、2階のみ、操作盤は、エレベーターに向かって、右手にあります。



みっつめ、9番に到着した場合。

バスを背に、正面へ、5メートル、直進し、左へ、2メートル、進みます。

突き当たりを、右、16時の方向へ、鋭角に曲がると、正面が、エレベーターです。



よっつめ、10番に到着した場合。

バスを背に、正面へ、5メートル、直進し、右へ曲がります。

20メートル先、正面がエレベーターです。



いつつめ、11番に到着した場合。

バスを背に、正面へ、5メートル、直進し、右へ曲がります。

20メートル先、右へ曲がります。

すぐ先を、左へ曲がり、30メートル、進むと、正面がエレベーターです。



むっつめ、相模原市、バリアフリーマップの紹介です。

相模原市は、駅の施設や、バスやタクシーのりばへのルートの、音声ガイドを作成しています。

名称は、さがみはら、駅、駅周辺とう、バリアフリーマップ、です。

エスピーコードという二次元コードを、専用装置で読み取ると、音声で聞くことができます。

掲載されている駅は、次のとおりです。

橋本駅、JR相模原駅、矢部駅、淵野辺駅、古淵駅、JRの町田駅、小田急線の町田駅、南橋本駅、上溝駅(かみみぞえき)、番田駅(ばんだえき)、原当麻駅(はらたいまえき)、下溝駅、相武台下駅(そうぶだいしたえき)、相模湖駅、藤野駅、相模大野駅、小田急相模原駅、東林間駅、田名バスターミナル。



逆経路、エレベータールートのガイドです。
JR相模原駅南口、2階デッキ出口から、南口バスロータリー、6番乗り場まで、 インターホンで係員に案内を依頼して行く。
https://navirec.amedia.co.jp/27679/    



もうひとつの、逆経路、階段ルートのガイド。
JR相模原駅南口、2階デッキ出口から、南口バスロータリー、6番乗り場まで、 階段で行く。
https://navirec.amedia.co.jp/27650/                                       

プレビュー


    SDGsパートナー

    白杖を持って笑顔で歩く男性

    最大200人に避難マップを届けるクラウドファンディング

    地図とナビレクがあれば、自分の意志で避難できる視覚障害者がいます。
    ご支援金をもとに自宅と避難所を繋ぐマップと触地図をセットにして、30人から最大200人の視覚障害者に届けます。
    一人でも多くの命を守れる可能性を、私たちと一緒に広げませんか。
    皆様のご支援と応援を心よりお願い申し上げます。

    コメントを残す