このガイドをダウンロード 点図マップを注文
ナビレク・バリアフリーマップは、人が地図等を確認し経路・案内文をひとつひとつ作成しています。
そのため、施設の入口・出口の細かな説明や交差点・横断歩道の説明など、安心して歩くための情報が揃っています。
このマップを専用ナビアプリ「ナビレク」 で開くと、現在地に応じた音声と振動によるナビゲーションを受けられます。
ガイドデータの利用方法

京王線、明大前駅改札口から、神道扶桑教、拝殿前(しんとうふそうきょう、はいでんまえ)までの、およそ400メートルの案内です。

駅周辺以外、点字ブロックはありません。



このあとの付録説明は、ひとつめ、ガイドの概略、ふたつめ、明大前駅の説明、みっつめ、富士見橋を使うルートの紹介、です。

なお、拝殿前から社務所までの行き方は、ガイド最後の付録説明で案内します。



ひとつめ、ガイドの概略です。

駅を背に、駅前広場を、右へ進み、商店街に出ます。

井の頭線と、京王線の高架をくぐり抜けて、住宅街をしばらく進むと、目的地です。

細い路地ですが、車や自転車も通りますので、注意してください。

なお、ガイド開始位置である改札口の上には、ひさしがあり、GPSが遮られる恐れがあります。

その場合は、改札口を背に、右、14時の方向を目指し、点字ブロックに沿って進み、駅前広場へ出てください。

広場直前にある段差に、注意してください。



ふたつめ、明大前駅の説明です。

2階に京王線、地下に井の頭線が、十文字に交差しています。

改札口は2か所、ありますが、このガイドでは、メインの、1階改札口を使います。

もうひとつは、フレンテ口という名前の、出口専用です。

井の頭線、3番ホームにあり、ショッピングビルに直結し、営業時間のみ使えます。



みっつめ、富士見橋を使うルートの紹介です。

今、お聞きのガイドは、商店街を通るルートですが、別に、車両通行禁止の橋を渡る、近道のルートもあります。

富士見橋を使うルートのガイドは、現在作成中です。



逆経路のガイドです。
神道扶桑教、拝殿前から、明大前駅改札口まで。
https://navirec.amedia.co.jp/28826                                          

プレビュー


    SDGsパートナー

    白杖を持って笑顔で歩く男性

    最大200人に避難マップを届けるクラウドファンディング

    地図とナビレクがあれば、自分の意志で避難できる視覚障害者がいます。
    ご支援金をもとに自宅と避難所を繋ぐマップと触地図をセットにして、30人から最大200人の視覚障害者に届けます。
    一人でも多くの命を守れる可能性を、私たちと一緒に広げませんか。
    皆様のご支援と応援を心よりお願い申し上げます。

    コメントを残す